就活のセミナーに出たり、先輩から情報を得たりして、

どんなに【就活】のノウハウを学んできたとしても、
【自分自身への自信】がない子は

いざ本番!で、

準備通りに進まないと不安になっていく。
この場合、

スムーズに就職先が決まったとしても

どうして自分がその会社に入ったのか、必要なのかが語れなかったり

…そうなると働き始めた時にエネルギーが乗らなくて仕事に疲れきったり

愚痴が出てきたり、

辞めたい理由が山のように出てきたりしてしまう…そんな姿を度々目にする。
逆に、私が一緒に就活をしていた時、

自分に対して絶対的な【自信】がある子は

不合格通知をもらったとしても

会社と合わなかったんだな。と考えるし、

皆よりも内定が出るのがおそくても、焦ってない。

これは私の話で、別に自慢することでもないんだけど笑、

企業説明会で社長さんの話を聞きながら、

『この会社には私は合わないな』と思った時

合わないことを憂うのでも、自分を無視して一生懸命媚を売るでもなく、

その場で

【なぜ私はこの会社に合わないと感じるのか】をノートに書き出し

【じゃあどんな働き方をしたいのか】

と、そこで自分の軸を見つけたりした。笑

(ど真ん中1番前の席、社長の目の前で、今になって思えば失礼極まりないが笑、今はその会社のおかげで自分の理想の働き方を考えられたとも言えるから本当に感謝している。)

まあ、それがいいかどうかって話ではなくて

私はそうだったからこそ、

就活で一度も傷つかなかったし、

就活に嫌な思い出もなければ、

当時愚痴ることもなかった。
今でも、私に不合格通知を渡した全ての会社のことは、どんな素敵な会社なのかをプレゼンできる自信があるww

それが、

自分自身への自信の産物だと仮定したならば。

結果その方が、

会社のためでも

学生のためでも

学校や保護者のためでも

社会のためでも

あると私は思う。

だから私、

就活支援を中学生とかからしたいの。
根本、自分で自分に自信を持たせてあげられるような

自分に声掛けをする練習の場を

作りたいと思うの。
まずは自分を肯定してあげるところから。
今私がやりたいことの一つ。

カテゴリー: blog就職活動

関連記事

blog

ゴミササイズでまちもカラダも美しく

・痛む身体 ・スポーツで酷使した身体 ・もっとパフォーマンスを上げたい 続きを読む …

blog

ラストチキチキ〜❤️

いや〜!9本目だよ!頑張ったよ、とーこ! なんだかんだどうでもいいこと 続きを読む …

blog

ちきっと8本目

あなたすごいね。って昨日言われた話。 本当にたいしたことないんだけど、 続きを読む …